スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農家補償案、きょう午後提示=同意得られればワクチン接種―農水相(時事通信)

 宮崎県で被害が広がっている口蹄(こうてい)疫問題で、赤松広隆農林水産相は21日の閣議後記者会見で、ワクチン接種に伴う農家への具体的な補償案を午後、地元自治体に提示する方針を明らかにした。その上で、同意が得られれば、同日中にもワクチン接種を開始する意向を示した。
 補償案は、ワクチン接種で家畜を殺処分した場合、農家には家畜の時価相当額を補償し、殺処分するまでの飼育コストも支払う。経営再開までの生活支援も家畜の種類に応じた額を拠出するほか、処分した家畜を埋めるための経費を支援する。また、経営再開に向けての支援は、農協から農家に家畜を貸し出してもらう方式にする。 

【関連ニュース】
ワクチン接種、合意先送り=地元首長「納得できる補償を」
ワクチン使用判断へ=口蹄疫の感染拡大防止で
感染拡大防止策を検討=口蹄疫で専門家委開催
殺処分対象11万頭=宮崎県が非常事態宣言
おむつ処理に注意を=ポリオ予防接種、二次感染恐れ

口蹄疫 政府、防疫を軽視 初動遅れ、感染拡大(産経新聞)
裁判員制度 裁判官も「良い経験」…東京高裁で意見交換会(毎日新聞)
辺野古区行政委、条件付きで容認決議(産経新聞)
大阪市職員、母と万引き“連携プレー”発覚逮捕(読売新聞)
トキ、抱卵中断=ふ化難しく―新潟県佐渡市(時事通信)
スポンサーサイト

参院宮城に民主県連幹部=渡辺氏「勇気ある議員続出を」―みんな(時事通信)

 みんなの党の渡辺喜美代表は14日夜、参院選宮城選挙区(改選数2)に民主党宮城県連選対委員長の菊地文博県議(50)を公認候補として擁立することを明らかにした。仙台市内で開かれた菊地氏の後援会会合に出席後、記者団に語った。
 渡辺氏は、民主党からの人選になったことについて「民主党を見限る人たちがこれからどんどん出てくる。民主党のいかさま偽装改革にわたしは腹の底から怒っている。勇気ある議員が続出してほしい」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

口蹄疫 普天間に次ぐ「失政」に自民、攻勢へ(産経新聞)
普天間、政府案決定先送りも=基本閣僚委開催に社・国反対(時事通信)
沖縄本土復帰38年、基地縮小求め県民大会(読売新聞)
たちあがれ日本、片山元総務相擁立へ(読売新聞)
初の野党での選挙に苦渋の思い―石破政調会長(医療介護CBニュース)

大胆な財政出動方針、国民新が公約原案(読売新聞)

 国民新党の参院選の公約原案が11日、明らかになった。

 経済財政運営について、「今後5年間で100兆円規模の財政・金融政策を実現し、経済活性化と税収増による財政健全化を図る」と打ち出し、大胆な財政出動を行う方針を示した。

 経済活性化策として、就職活動支援のための「若者就職基金」、非正規社員の正規採用を後押しする「正規雇用転換奨励金」の創設を明記。年間3兆円程度の「いきいき地方復活交付金制度」新設も盛り込んだ。

 「本格保守」(真の保守政治の確立)をキャッチフレーズに、永住外国人への地方選挙権付与と夫婦別姓制度に反対する方針も掲げた。

<掘り出しニュース>愛知・豊橋市に外国人初の正規職員、日系3世・仲宗根さん「早く一人前に」(毎日新聞)
国際バラ展 個性豊かな庭も 西武ドームで12日開幕(毎日新聞)
春の叙勲 皇居で大綬章授与式(毎日新聞)
<パロマ中毒死>11日判決 遺族「安全対策の不備認めて」(毎日新聞)
青野正「テツモジ」展(産経新聞)
プロフィール

ミスターえいじつじ

Author:ミスターえいじつじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。