スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参院選 「2人目」擁立 小沢氏と地方組織が対立 (産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が、夏の参院選での過半数獲得を目指し、改選数2の選挙区で「2人目」の擁立にこだわっている。だが、鳩山由紀夫首相や自身の「政治とカネ」問題に加えて、生方幸夫副幹事長をめぐる解任騒動で民主党への逆風は勢いを増しており、地方組織からは小沢氏の方針に異を唱える動きも出ている。小沢氏が地方の反発を抑え、今後も自身の方針を貫けるかは微妙な情勢だ。

 「思い切った改革が実行できるよう、何としても参院選で過半数をいただき、政権の基盤と力を与えてほしい」

 小沢氏は28日、青森市で同党県連の会合に出席し、参院選での支持を訴えた。そのうえで、発表がずれ込んでいる2次公認候補について「今週中に決定しなくてはならない」と強調した。

 ただ、小沢氏の意気込みとは裏腹に、改選数2の選挙区を中心に、候補者調整は難航している。静岡県連の牧野聖修会長は26日、党本部で小沢氏と面会した際、2人目の擁立を見送るよう要請。しかし、小沢氏は「県連で決めなければ党本部で決める。2人区は2人擁立が原則だ」と突っぱねた。

 同党が今月3日に発表した1次公認では、全国12の2人区のうち、社民党が出馬する新潟などを除き、福島、茨城、長野、静岡、京都の5選挙区で、地方の消極姿勢を理由に2人目を決めることができなかった。

 小沢氏の複数擁立方針は、候補者同士を競わせて票の掘り起こしを図り、党勢拡大に結びつける狙いがある。もっとも、「政治とカネ」問題などによる影響で、地方には現職の落選や共倒れを懸念する声が強く、小沢氏の方針がすんなり受け入れられる情勢ではない。

 同党幹部は「公認するしないで小沢氏と地方がもめては、参院選にとって大きなマイナスだ」と懸念している。

【関連記事】
生方氏「小沢氏は何らかの形で責任を」
トップと足並み?居座る小林議員 小沢氏発言で首相も“転換”
岡田外相、マニフェスト見直しは不可避「すべては無理」
民主静岡県連「2人目候補擁立せず」小沢氏、再考強く促す
「危険水域」「再出発を」 民主党議員から「危機」の声続々
あれから、15年 地下鉄サリン事件

郵政改革法案 指導力なき首相 内閣は分裂状態(産経新聞)
バッハ博物館 再開館 展示スペース2倍に(毎日新聞)
名古屋大 4004人巣立つ 「自分を信じてまっすぐに」(毎日新聞)
<さい帯血バンク>宮城のNPO法人が経営危機(毎日新聞)
首相、支持率低下は「『頑張れ』の声」(産経新聞)
スポンサーサイト

阪大准教授に停職6カ月処分 深夜の研究室で女子院生と2人きり (産経新聞)

 大阪大は24日、深夜に女子大学院生を研究室に誘い込み、2人きりになったとして、大学院言語文化研究科の50代の男性准教授を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 阪大によると、准教授は助教授だった平成12年5月に開かれた教員と学生との懇親会の後、深夜に女子大学院生だった女性を研究室に誘い込んだ。女性が20年11月に「研究室で乱暴された」と阪大に被害を訴え、阪大が調査。調査に准教授は懇親会当日、酒に酔っい、研究室に行ったことは認めたが、「その後のことは覚えていない」と話したという。

 阪大は乱暴の事実は確認できなかったとしたが、「研究室で性交渉の事実を疑われるような状況を作り出したことは確認できた」として処分を下した。

 鷲田清一総長は「教育研究上、維持されるべき良好な環境および秩序・風紀を著しく害したことは誠に遺憾」とのコメントを発表した。

【関連記事】
成蹊大教授、セクハラとアカハラで懲戒免職 約3年間、尻や胸触る
アカハラ“加害者”を支援 処分基準なく複雑化…再発防止へ
大阪市立大をアカハラ放置で提訴へ 東京地裁に
下関市大教授が学内で十数人にパワハラ・アカハラ、諭旨解雇
中央大法教授 女子学生にセクハラとアカハラ 大学側処分検討
あれから、15年 地下鉄サリン事件

地域通貨「龍馬小判」でまちおこし=静岡県下田市〔地域〕(時事通信)
強風 杉の木が倒れ石灯籠を壊す 奈良の春日大社境内で(毎日新聞)
細菌性髄膜炎のワクチンの定期接種化などで要望書(医療介護CBニュース)
<長島圭一郎選手>故郷で五輪「銀」パレード 3千人が祝福(毎日新聞)
首相動静(3月25日)(時事通信)

<アカウミガメ>世界最高齢のカメ「浜太郎」と命名 徳島・美波町(毎日新聞)

 名前を公募していた「世界最高齢」のアカウミガメについて、日和佐うみがめ博物館カレッタ(徳島県美波町日和佐浦)は21日、「浜太郎」に決定したとして命名式と還暦祝いを行った。

【写真特集】美波町のウミガメといえば  倉科カナ:スタジオ初収録に「ドキドキ」NHK朝ドラ「ウェルかめ」

 現地でのウミガメ研究は1950年、同町の大浜海岸などを舞台として、日和佐中の生徒たちによって始まった。その際、中学生たちの手で卵からふ化させ、日和佐のまちで飼育してきたのが「浜太郎」だ。年齢の判明しているものとしては世界最高齢で、還暦を機に、名前を募集していた。

 同館によると、1534人から応募があり、22人が「浜太郎」と書いていた。「大浜海岸の浜をとっており、親しみやすい」などの理由で採用された。21日の式典には、命名者を代表して徳島市の立石妙子さんや50年当時の日和佐中の教師や生徒、ウミガメ研究者らが参加した。【深尾昭寛】

【関連ニュース】
【写真特集】ウミガメがいっぱい ウミガメ:500万年目の危機 日本は貴重な産卵場所
【写真特集】海の生き物たちなら 毎日水族館
憂楽帳:屋久島とウミガメ
藤原紀香:「エレガントなところがない」? 屋久島でウミガメ保護体験

閣僚ら「生方問題」発言集(産経新聞)
白バイ追跡で激突のバイク男性が死亡 東京・足立区(産経新聞)
会社の寮など全半焼、3人死傷…埼玉(読売新聞)
社会医療法人、83法人に(医療介護CBニュース)
汚物の犯行「ほかにも30件」、男を逮捕(読売新聞)

小5長男の首絞め重体、容疑の母親逮捕(読売新聞)

 11歳の長男を絞殺しようとしたとして、盛岡東署は20日、盛岡市南仙北1、無職三井理恵容疑者(39)を殺人未遂の疑いで逮捕した。

 発表によると、三井容疑者は19日午後11時頃、自宅で長男の小学5年、悠輔君(11)の首を帯状のもので絞めて殺害しようとした疑い。悠輔君は意識不明の重体。

 外出中の夫(44)が三井容疑者から連絡を受けて帰宅したところ、倒れている悠輔君を見つけたため、同11時半頃119番した。寝室で発見された悠輔君の首には絞められたような跡があり、駆けつけた盛岡東署員に対し、三井容疑者が「私が首を絞めた」と話したため、逮捕された。

 同署が動機を調べている。岩手県警捜査幹部によると、夫が三井容疑者について、「うつ病で通院していた」と話しているという。

 三井容疑者宅は3人暮らし。現場は、JR東北線仙北町駅から南に約500メートルの住宅街。

美人過ぎる市議「私は発展途上」(スポーツ報知)
外国人の子ども手当に国内居住要件を検討 長妻厚労相(産経新聞)
【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(3)混合診療「なぜ自己負担」(産経新聞)
トキ2羽、本州と佐渡往来=新潟(時事通信)
普天間問題 首相「県外は困難、気持ちを大事に…」(産経新聞)

「過去に自分も被害…」プレステ3の代金詐取男を逮捕(産経新聞)

 人気ゲーム機「プレイステーション3」の販売名目に現金を詐取したとして、警視庁多摩中央署は詐欺の疑いで、長野県上田市、無職、高橋真容疑者(22)を逮捕した。同署によると、高橋容疑者は「借金返済に追われていた。他にも数十件やった」と容疑を認め、「過去に自分がだまされたのと同じ手口を使った」と供述している。

 同署の調べによると、高橋容疑者はインターネット掲示板にゲーム機を販売すると書き込み、掲示板を見た東京都多摩市の男性会社員(26)に「本体(プレステ3)3個に(ゲーム)ソフト2個になります」とうそのメールを送り、昨年12月18日、銀行口座に4万3千円を振り込ませた疑いが持たれている。

 ゲーム機などが届かないことから、男性会社員が同月、同署に相談していた。

【関連記事】
「エヴァ」限定携帯、競売で詐取の夫婦逮捕
「赤西さん連絡先教える」とうそ 現金詐取容疑の女を逮捕
“筑波大教授”役も登場… 3千万円詐取容疑で自営業の男ら再逮捕
AKB48との握手券代を詐取 容疑のファンの男2人を逮捕
ネット詐欺容疑で男を追送検 青森県警
カーナビ400台詐取の疑い ディーラー元課長を逮捕 山口県警

多汗症手術後に異常発汗=「説明不足」と提訴-東京地裁(時事通信)
スギヒラタケ 強い毒性、腎機能正常でも 高崎健康福祉大(毎日新聞)
ルーズベルト大統領 手紙初公開 日露戦争の戦況分析(毎日新聞)
スギヒラタケ 強い毒性、腎機能正常でも 高崎健康福祉大(毎日新聞)
温暖化ガス25%減明記=排出量取引、1年以内に制度案-対策基本法案を閣議決定へ(時事通信)

雑記帳 新婚夫婦迎える伝統の「水祝儀」 宮城県加美町で(毎日新聞)

 宮城県加美町で17日、新婚夫婦を集落に迎える伝統儀式「水祝儀」があり、2年ぶりの新婚さん、伊藤秀悦さん(32)、日登美さん(25)夫婦のほか、07年と09年に集落へ転居した夫婦2組が「仲間入り」した。

 儀式では、若夫婦の安産祈願に加え、参加者が墨で額に「水」と書き、火災が起きないよう祈る。旧暦2月2日に行う習わしで、40年ほど前に1度、日曜日にずらしたが、集落でぼやが出たため元に戻した。

 「これで一人前と認めてもらった」と集落出身の伊藤さん。しかし、雪を含ませたタオルで次々と顔をぬぐわれる「面(つら)洗い」の洗礼には「ヒリヒリして火が出そう」。【高橋宗男】

小沢側近中心の教育新議連、予算めぐり仕分けに圧力?(産経新聞)
<原口総務相>参院総務委に5分遅刻(毎日新聞)
<芸術選奨>坂本龍一さんらに文部科学大臣賞 09年度受賞(毎日新聞)
首相動静(3月10日)(時事通信)
ウインターラフティング 尻別川で人気に 北海道倶知安町(毎日新聞)

エゾバフンウニ ラッコに3トン食べられて壊滅状態 根室(毎日新聞)

 根室市の歯舞漁協が納沙布岬沿岸に移植放流していたエゾバフンウニ約3トンがラッコに食べられ、壊滅的な被害を受けていることが分かった。被害額は判明分だけで約500万円に達し、同漁協は頭を悩ませている。

 ウニは昨年5月に移植された。たも網漁の初出漁となった今月4日、漁業者が海底に殻の割れたウニが大量に堆積(たいせき)しているのを発見、同漁協がダイバーによる潜水調査を行ったところ、ほぼ全滅していたという。食害は同岬近くの別の2カ所でも確認された。市歴史と自然の資料館が殻などを鑑定し、「割り方からみてラッコによる食害」と断定した。

 同岬沿岸では昨年5月以降、釧路川(釧路市)で人気者になった「クーちゃん」が移りすみ、これを機に年末以降は2~6頭が生息しているという。ラッコは1日に6~10キロほど食べ、特にウニやカニなど高価な海産物を好物にしている。

 02年から2~3頭が生息している襟裳岬沖(日高管内えりも町)でも03年、ウニが壊滅的な食害を受けたことがある。オホーツク海側のウニのたも網漁は昨年度、約2億3000万円の水揚げがあったが、同漁協は「ラッコが居座っているので、資源が少なくなれば漁業者は生活できなくなる。被害額は3000万円以上になるかもしれない」と懸念する。

 ラッコは法律で捕獲が禁止されている。同資料館の近藤憲久・学芸主任は「米国では、漁業海域にラッコが現れた場合、麻酔銃で捕獲し、保護区に放獣する取り組みが行われている。(日本も)共生に向けて対策を講じていかなければならないと思う」と話している。【本間浩昭】

【関連ニュース】
ラッコ:県内で1頭、「トマト」が老衰死--シーパラダイス /静岡
海響館:ウニの受精など観察 人気コーナー「オープンラボ」 /山口
ラッコ:クーちゃん現れ1年 釧路でイベント、絵画展など開催 /北海道

大阪・松原市の放火自供男、ウソと判明(産経新聞)
千葉大生殺害 学部長が両親に卒業認定書(毎日新聞)
<福山哲郎参院議員>文芸春秋を提訴 記事で名誉棄損(毎日新聞)
小沢氏関連団体 4億超、現金で保管 7~19年 資金移動隠す?(産経新聞)
<日本郵政>郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)

ダチョウ卵の殻に幾何学模様=6万年前、水筒に利用か-南ア(時事通信)

 南アフリカ共和国の大西洋岸近くにある洞穴内の約6万年前の地層から、平行線や格子状の精巧な刻みがたくさんあるダチョウの卵の殻が多数見つかった。フランス・ボルドー大などの国際研究チームが6日までに米科学アカデミー紀要電子版に発表した。
 細かい破片の状態で発見されたが、当時の狩猟採集生活の人類が、丸い殻に小さな穴を開けて中身を食べた後、水筒として利用したとみられる。表面の刻みは、持ち主の個人や集団を示す目印だったとみられるが、幾何学模様のようでもあり、社会や文化の発達がうかがえるという。
 ダチョウの卵は長さ16センチ、直径13センチ前後で、容量は1リットル程度。見つかった破片は2~3センチ角で、計270個あった。色は赤やオレンジ、灰色などさまざまだったが、化学分析の結果、着色したのではなく、たき火の影響で変色したことが分かった。
 南アフリカでは近年、約7万7000年前の抽象的な模様が刻まれた堅い土片や、約7万5000年前の貝殻ビーズも見つかっている。 

【関連ニュース】
強毒の混合ウイルス作製=鳥のH5N1と季節性インフル
試験管内で「体内時計」=細胞分化で発生
10年規模の変動を初予測=太平洋の海面水温、気候に影響
犬種の特徴、遺伝子解析=人間の病気解明にも貢献
南京虫、細菌からビタミンB=体内に共生

<福岡県接待疑惑>中島前副知事が接待認める 県調査委に(毎日新聞)
社民「国外」国民新「シュワブ陸上」移設案提示(読売新聞)
城東の強盗事件 容疑で男逮捕 ゲームソフト店(産経新聞)
<桂歌丸さん>症状落ち着き退院 「笑点」収録にも参加へ(毎日新聞)
裁判員「車で片道5時間」=選任前日から判決まで連泊-旭川地裁(時事通信)

別れさせ屋に懲役15年…別れさせた女性と付き合い、別れ話で殺害(スポーツ報知)

 男女の離別工作を行って報酬を得る業種「別れさせ屋」で依頼主の妻と交際した末に絞殺したとして、殺人罪に問われた元探偵・桑原武被告(31)に対し、東京地裁は9日、懲役15年(求刑懲役17年)の判決を言い渡した。同被告は昨年4月、夫の依頼を受けて東京都中野区の五十畑里恵さん(当時32歳)との離婚を成功させた後、五十畑さんと交際。そしてトラブルの末に絞殺した。

 業務を飛び越えて恋愛関係となった女性を、最後は殺害するに至った「別れさせ屋」に懲役15年という司法判断が下された。合田悦三裁判長は、判決理由として「ウソを重ねて追い詰められた末に起こした短絡的で自己中心的な犯行。被害者に落ち度はない」と指摘。さらに「目的のためには手段を選ばず工作を依頼する者が存在すること自体が甚だ遺憾」と依頼した夫の責任についても厳しい言葉で指摘した。

 判決や過去の公判記録によると、桑原被告は2007年5月、五十畑さんの夫から「別れさせ工作」の依頼を受けた。栃木県内のスーパーで五十畑さんに「チーズケーキのおいしい店、教えて?」と声を掛けて近寄ると、名前を「ハジメ」、職業を「IT関連会社勤務」と偽り、妻子があることも隠して交際を始めた。

 夫との関係に悩んでいた里恵さんの心のすき間に入り込むように接近すると、連れ込んだホテルで撮影したビデオなどを材料に、同年11月に離婚を成立させた。仕事としては成功させた桑原被告だったが、その後も里恵さんに恋愛感情を抱き、身分を偽ったまま交際を続けた。

 その後、だまされたことに気付いた五十畑さんに別れ話を切り出されて激高。09年4月12日、五十畑さんのマンション自室で首を絞めて殺害した。

 事件について、同業種の「別れさせ1st」を運営するファーストコール株式会社東京本社相談部の安来真一郎さんは「工作員と依頼主の相手が恋愛関係になることはありますが、このケースはやりすぎ。会社への報告もなく、監視役もなかったのではないか。直情的で、しかも既婚者の工作員を雇っている会社も、ちょっとどうかと思う」と分析。そして業界全体への批判の目については「すごくきれいな仕事とは思っていません。しかし、実際に夫を愛人と別れさせたり、DV男と別れることが出来た女性などからは本当に感謝していただいている。正しい評価をしていただければ」と話している。

 ◆別れさせ屋 依頼を受けて夫婦や恋人の破局工作を請け負う業種の通称。大半は探偵業者が手掛けているとされる。01年に同名テレビドラマが放送された後、一般に認知されたが、反社会性との批判も根強い。報酬相場は100~200万円だが、失敗すれば必要経費のみの支払いになる業者が多い。成功率はおおむね1~5割で、復縁業務を取り扱うことも。「工作員」はコミュニケーション能力、容姿、酒の強さなどから選ばれ、最初は友人役などの「エキストラ」で経験を積み、徐々に交際相手などの「メーン」に昇格する事が多い。

<自民党>「ベテランはTV遠慮を」中堅から不満(毎日新聞)
イラン制裁で連携 岡田外相が米国務副長官と会談(産経新聞)
<ミニカー>プラチナ製トミカ 700万円(毎日新聞)
<養育放棄>3割が無職 経済格差も背景(毎日新聞)
「事務方のミスで…」遅刻の原口総務相、ツイッターで陳謝(産経新聞)

救急車と自転車衝突、女性けが…埼玉の病院前(読売新聞)

 7日午後7時55分頃、埼玉県草加市草加の市立病院前の県道で、交通事故の負傷者2人を同病院に搬送しようとしていた救急車と、近くの女性会社員(22)の自転車がぶつかり、女性が右足に軽傷を負った。

 救急車の乗員3人と搬送中の負傷者にこの事故によるけがはなく、そのまま病院に収容された。

 草加署の発表によると、救急車は赤色灯をつけサイレンを鳴らして病院に入ろうと左折した際、歩道を走っていた自転車とぶつかったという。

コーヒーからポリフェノール 心だけでなく体も癒やす(産経新聞)
普天間 日米事務レベル協議へ 陸上案で最終調整 社民説得狙いも(産経新聞)
参院選 民主党1次公認候補発表 「政治とカネ」逆風の中(毎日新聞)
新任女性教諭の自殺、公務災害と逆転裁決(読売新聞)
中学生にわいせつDVD配布=ゲーム店の景品、経営者逮捕-熊本(時事通信)

母親、無罪主張=起訴内容認め、責任能力争う-小1男児殺害で初公判・福岡地裁(時事通信)

 福岡市西区の公園で2008年9月に起きた小1男児殺害事件で、殺人罪に問われた母親の富石薫被告(36)の初公判が3日午前、福岡地裁(松下潔裁判長)で開かれた。罪状認否で富石被告は「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。弁護側は、被告の責任能力に問題があるとし、「心神喪失で無罪。または心神耗弱で減刑されるべきだ」と主張した。
 検察側は、起訴前の精神鑑定で責任能力に問題ないと判断したが、弁護側は再鑑定を請求。月内に4回予定されている公判では、鑑定を行った専門家らの証人尋問が行われる予定。
 弁護人によると、富石被告は事件1カ月前の08年8月、病院で適応障害などと診断され、抗うつ剤を服用していた。被告は手足が不自由だったため、弁護側は実行行為を認めた上で「首を絞めて遺体を運ぶのは普段の被告にはできず、副作用の影響があった疑いがある」としている。 

【関連ニュース】
3人刺傷で懲役30年求刑=弁護側は心神耗弱主張
秋葉原殺傷、28日に初公判=責任能力が最大争点
金川被告に死刑=「極刑願望、身勝手極まる」
小泉被告「月火水狙った」=遺族出廷、憤りあらわ
土浦連続殺傷、18日判決=「死刑」が動機、金川被告

カード詐欺容疑で中国人逮捕=組織トップからの伝達役か-埼玉県警(時事通信)
朝鮮学校 金総書記、運営に指示 「統廃合は敗北主義」反映(産経新聞)
機構発足で年金増額ケース大幅減(産経新聞)
<津波>海面が1メートルも上下 三重県大紀町の漁港(毎日新聞)
参院選前の「谷垣降ろし」も=舛添氏(時事通信)

小泉進次郎氏、世代交代訴える(スポーツ報知)

 自民党の若返りキャンペーン「JIMIN NEXT」で全国行脚中の小泉進次郎衆院議員(28)は27日、JR高崎駅前など群馬県2か所で街頭演説を行った。安中市での地元党員との意見交換会では、世代交代の必要性を訴えられ「新たなプロジェクトチームの座長をベテランがやっても、マスコミは取り上げてくれない。スポークスマンとして若手の起用を進めるべき。私だけが言うと生意気な新人で終わってしまうから、そういう意見が増えてくれれば」と話した。

 青年局次長として、バンクーバー五輪フィギュア女子にも感銘。「終わった後の真央ちゃんの涙が忘れられない。あの涙を今後、どう生かしていくか。メダルを取るのが当たり前と思われてしまう中で出した素晴らしい結果。金や銀は関係ないと思う」と目を輝かせた。

 【関連記事】
進次郎氏、理想のお嫁さんは龍馬の妻・お龍
自民公認元セクシー女優、今週末街頭デビュー
小泉進次郎 衆院議員 安中市 を調べる

【東京マラソン2010】30年…届いた初恋ラン 74歳、婦“走”夫随(産経新聞)
<外交文書>公開ルールを外部有識者で検討へ…岡田外相(毎日新聞)
議論少なく、感想複雑=予算案衆院通過で-菅財務相(時事通信)
ホッキョクグマ 15万年前に祖先 地球環境の激変に適用(毎日新聞)
因縁の「菅・林」対決 菅氏、経済教科書「10ページだけ読んだ」(産経新聞)

政府、医療チーム派遣へ チリ大地震(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は1日朝、南米チリ中部沿岸沖で発生した巨大地震について、「先ほど、外務省で医療チームを緊急に派遣することを決めた。(復旧の)第一歩と思うが、これから第2弾、第3弾と日本としての役割、果たしていきたい」と述べ、被災者支援のため政府として医療チームを派遣することを明らかにした。首相公邸前で記者団に答えた。

 首相は、現地における700人超の死者について「心からお悔やみを申し上げたい」と述べた上で、現地に在留する日本人の安否について「コンセプシオンに帰った方で、33人のうち21人までは無事の確認はできたが、10人あまり確認できておらず、(確認を)急がせている」と語った。

 国内で津波による人的被害がなかったことについては、「現地の皆さんが知事をはじめ努力いただいて、国としても最大の努力をして情報の周知徹底ができた。それは良かった。迅速な対応ができたのではないか」と自賛した。

【関連記事】
チリ巨大地震 津波の高さ 測定方法は?
チリ巨大地震 17年ぶり大津波警報 「規模+位置」日本に波及
警報はすべて解除 チリ大地震の津波
チリ大地震死者は708人に 大統領が確認
チリ大地震 次期政権に復興の重い宿題

<キャメロン監督>原爆テーマの次回作、揺れる…原作に誤り(毎日新聞)
宙の会 1周年集会開く 時効廃止に向け被害者遺族ら訴え(毎日新聞)
東海道新幹線、線路に不審者立ち入りで遅れ(産経新聞)
首相動静(3月3日)(時事通信)
警部補を書類送検=妻に個人情報漏らす-静岡県警(時事通信)

固定資産税など過徴収、5347万円返還へ 大阪・四條畷市(産経新聞)

 大阪府四條畷市は25日、市内の住宅用地を事業用地などに誤って登録し、昭和52年度から平成21年度まで、土地所有者から固定資産税と都市計画税を過徴収していたと発表した。市は市要綱に基づいてさかのぼることができる平成2年度から今年度までの過徴収分など約5347万円を3月上旬にも返還する。

 市によると、所有者が建物を新築した際や土地を売買した際、職員が住宅用地を事業用地などに誤って登録し、課税額を算定。このため、24人と2法人の住宅用地の減税措置がなされず、33年にわたって固定資産税を徴収しすぎていた。個々の返還額は最大で約1千万円になる。

 市では昨年8月、市民の指摘で同様の過徴収が発覚し、2法人に計約2670万円を返還。その後、ほかの事例を調べていた。

【関連記事】
東大阪市の国保料過徴収 21年度も算出ミス
ジュース1本8983円…「スゴカ」利用で過徴収
長野・松本の日帰り温泉で料金過徴収 料金区分が条例に違反
健康保険料など過徴収 大阪社会保険事務局
介護保険料の天引きミス 岐阜県養老町

予算案一般質疑、自民のみ欠席で審議継続へ(読売新聞)
大腸炎原因菌で男性患者死亡=院内感染の可能性も-さいたま市立病院(時事通信)
<大津波警報>青森~宮城に発令 午後到達、最大3メートル(毎日新聞)
公共施設の全面禁煙を要請=都道府県に通知-厚労省(時事通信)
介護職員処遇改善交付金、2月サービス分の申請期限を延長―厚労省(医療介護CBニュース)

<郵便不正>元係長「再逮捕を恐れ」被告関与と供述(毎日新聞)

 郵便不正事件で、偽証明書作成に関与したとして虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の第9回公判は25日午後も大阪地裁で証人尋問が続いた。偽証明書を作成したとされる元係長、上村勉被告(40)は取り調べ時に検事から別の公文書偽造での再逮捕をちらつかされたことを明かし、村木被告関与を認めた理由について「再逮捕を繰り返されるのが嫌だった。心理的に圧迫されていた」と述べた。

 公判では、拘置中に上村被告が取り調べ状況を記録した「被疑者ノート」の内容を弁護側が読み上げた。それによると、07~08年ごろ、別の部署でも厚労相の公印を使った公文書偽造を3回したことを取り調べられ、検事から村木被告の関与を認めなければ再逮捕するとちらつかされたという。

 また、この日の上村被告の証言によると、取り調べの際、検事から「あなたが証明書を村木被告に渡すところを見た人がいる」と言われたという。上村被告は法廷で「私の記憶とは違うが、早く保釈されたい一心で(村木被告の関与を)認めてしまった。村木被告には申し訳なかった」と述べた。【日野行介】

【関連ニュース】
石井一参院議員:郵便不正事件での口添えを否定
郵便不正:元係長が村木被告の指示否定 大阪地裁
郵便不正事件:石井議員との「面会記憶ない」と元記者証言
郵便不正:村木元局長の指示否定、上村被告前任の元係長
郵便不正事件:厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判

「改めて責任感じる」=長崎知事当選の中村氏、一夜明け(時事通信)
執拗な家賃取り立てに懲役も 賃借人保護法案を閣議決定(産経新聞)
子ども手当法案が審議入り=3月中の成立目指す-衆院(時事通信)
<東京都>五輪招致の赤字は7億円 民間から借り入れへ(毎日新聞)
<JA共済>6993万円不払い 特約など見落とし(毎日新聞)
プロフィール

ミスターえいじつじ

Author:ミスターえいじつじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。